【ネタバレなし】ギャグのような戦いが見どころ「フレディVSジェイソン」の感想

まず初めに言っておきます。
この作品はホラーですが、笑いどころ満載の素敵なコメディです。

freddy-vs-jason-636x310

2003年/アメリカ 上映時間97分
監督:ロニー・ユー
脚本:マーク・スウィフト、ダミアン・シャノン
出演:ロバート・イングランド ほか

ストーリーを簡単に解説しましょう。

かつてエルム街で大暴れした悪夢の怪物フレディ。
しかし、事件を知る大人達の適切な(?)計らいにより、フレディの存在を知る子どもたちは皆無に等しくなりました。人々の恐怖心を糧に生きるフレディにとって、これは死活問題です。

そこで思い出したのが、クリスタルレイクに眠るジェイソン。

ジェイソンを操り、人々を再び恐怖に陥れれば、きっとあの頃のパワーを取り戻せるに違いない。

そうだ、ジェイソンに便乗しよう!

フレディは計画を実行します。
だがしかし。だがしかしです。
あのジェイソンが命令に従うワケがないではないですか。

己の誤算に(やっと)気づいたフレディは、

「言うこと聞けや このホッケーマスク野郎!」

とジェイソンに殴りかかります。さて、勝敗はいかに?!

これだけでも、この映画が限りなくコメディに近いことがご理解いただけただでしょうか。
もちろん、見所は二匹の対決シーンです。

何をどう考えてもジェイソンの戦闘力が勝っているように思えますが、フレディもあれでなかなかの者です。
軽快なフットワーク、的確なコンビネーション、ジャンピング・エルボーなど、観客の視線を釘付けにする大技も忘れません。加えて、どこか卑怯。

一撃必殺のジェイソンか、姑息な戦略家フレディか。

勝つのは、どっち!?
絶対にオススメ!!

スポンサーリンク

コウカ(kouka)
ライター、カメライター、漫画原作者。写真と落書き漫画を交えて文章を書くのが好き。瞬発力だけで生きている。

《関連記事》