台湾のピリ辛インスタントラーメン『満漢大餐 麻辣鍋牛肉麺』が結構イケる

台湾好きの友人から頂いた袋ラーメン『満漢大餐 麻辣鍋牛肉麺』。数年前、台湾旅行に行って以来、台湾料理が大好になった僕には小躍りしてしまうほど嬉しいおみやげです。

mankan

満漢大餐は、台湾で人気の即席麺シリーズの一つらしく、なかでもこの『麻辣鍋牛肉麺』は特に美味いと評判だとか。パッケージを見るになかなかイケそうで期待できる。

mankan2

成分表を確認……と思いましたが、当然のことながらさっぱり読めません。しかしこの意味不明なところが海外即席麺のワクワクするところ。

作り方は日本のインスタントラーメンと同じです。沸騰したお湯に乾麺と付属の具材、スープ等をぶち込むだけ。本当は正しいやり方があるのかもしれませんが、しょせん即席麺なので味に大差は出ないでしょう。

mankan3

大きいのがレトルトパックの牛肉、そして調味油と調味料の粉。炎のデザインがあしらってあり辛いもの好きとしては期待大。

mankan4

ネギをトッピングしてものの10分ほどで出来上がりましたよ。スープの粉から台湾のコンビニ独特の香りがして食欲をそそります。ただ、すんごい油なので苦手な人がいるかも。

mankan5

ずぞぞっとすすると、うん、美味い!主役の牛肉もトロッとしてて予想以上にしっかりした味。八角の風味がまたいい。

肝心の辛さは丁度いいくらいです。辛さを求めるなら肩透かしをくらいますが、山椒の刺激がほどよく、これはこれで成立している感じ。適度に汗が吹き出します。

ペロリと完食。一緒に台湾料理を何か一品つまみたくなりました。

次回の台湾旅行のおみやげ候補として覚えてよさそうですね。

スポンサーリンク

コウカ(kouka)
ライター、カメライター、漫画原作者。写真と落書き漫画を交えて文章を書くのが好き。瞬発力だけで生きている。

《関連記事》