最強至高の軍艦・開陽丸を拝みに江差まで足を伸ばす 〜函館幕末巡りの旅4

幕末の日本、いや、アジアにおいて最強至高の軍艦だった開陽丸。当時のイギリスやアメリカ産のものと比べても引けを取りません。江戸幕府がオランダに製造を依頼し、同時に海軍強化を担う留学生まで派遣されたといいます。

そんな開陽丸でしたが、なんと戦闘前に嵐で沈んだのでした。総裁の榎本武揚をはじめ、土方歳三や大鳥圭介ならびに幹部関係者は声をそろえ、
 
うそぉん
 
と唸ったに違いないでしょう。続きを読む →

「杉村義衛でしょ?」新選組二番組長・永倉新八居住地跡を散策 〜函館幕末巡りの旅3

松前城を後にし、新選組二番組長・永倉新八の居住地跡を見学しに辺りをうろつきます。

テーマパーク「松前藩屋敷」で欧米人くの一と遭遇した。

永倉新八は、新選組二番組長のほか「撃剣師範」を勤めていたほどの剣の達人で、あの沖田総司よりも強かったとさえ言われています。池田屋ではリタイアした沖田、藤堂らの分まで戦い獅子奮迅の活躍を見せました。本当に頼りになる人だったのでしょう、伊東甲子太郎は新選組を分裂する際、厚かましくも「永倉か斉藤をくれ」と近藤に頼んだそうです。

続きを読む →

函館のすずや食堂で「土方歳三丼」を食べてきた。 〜函館幕末巡りの旅1

深夜、GWの行き先を決めるためインターネットをそぞろ歩いていると、「函館の一本気関門まで行きなさい」と頭の中で声がしました。一本気関門といえば、新選組副長・土方歳三最期の地碑があるところです。

これは勅命に違いない。

というわけで、GWは函館にて新選組ならびに旧幕府軍の跡地巡りをし、英霊たちの御霊と一体化することに決めました。

続きを読む →

2005 K-1Dynamite!!で敗北後の須藤元気選手「全ては必然」

大晦日の『FieLDS K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!』を観ました。

注目していたのは須藤元気VS山本“KID”徳郁。もちろん僕は須藤選手を応援。しかし、結果は不運なジャッジによる1R負け。

これは、以前レイ・セフォーが唱えた“見えないチカラ”が働いていませんか?

続きを読む →

国事のためなら離縁も即決!伊東甲子太郎に学ぶ男の中の男術

強さの最小単位とは、「我儘を押し通す力」です(範馬勇次郎・談)。親も、兄弟も、恋人も、友も、何人たりとも阻むことはできません。

己の意思を貫き通すためなら、友情なんて捨てちまえ。愛情なんてクソ食らえ。どこまでも我が道を行く男こそ、「男の中の男」と呼べるでしょう。

そんなわけで今日は、男の中の男術を磨くべく、動乱の幕末を駆け抜けたある武士を紹介したいと思います。

男の名は、伊東甲子太郎(いとう かしたろう)。名にし負う新選組の参謀を務めたお人です。

続きを読む →

未経験からコピーライターという肩書きで働くということ

ライター事務所に採用されて4ヵ月が経ちました。

文章を仕事として書いた経験はありません。ただ単に自信があるという理由で、特に実技試験もなく拾っていただきました。正確に言うと、僕はデザインを学んだ経験があるので、「ライター兼デザイナー」という役割を果すことになると思うのですが。

続きを読む →