読み返して、なるほどね。中島らも先生の『ビジネス・ナンセンス辞典』

公開日:2011/08/14 更新日:2018/04/21

サラリーマン世界の面白さはその仮面性にあります。スーツにネクタイがその代表例で、それさえまとっていれば世間は“きちんとした”人格として扱ってくれます。
僕はそんな記号論のような風潮が大嫌いで、毎日辟易しながら仮面を被っていますが、中島らも氏はそこに面白さを見出したようです。


仮面をまとった人格者たちによる、商売の成否や出世争いなどの“ゲーム”は非常に奥深く、現実的で生々しい。
そんな世界を氏ならではの切り口で描くこの事典は、就活中の学生や新入社員の若者にお勧めし、10年程経ってからもう一度読み返して欲しいと思います。「確かに!」と頷くはずです。
それにしても、中島らも氏のような人が12年間もサラリーマンを、しかも営業マンをやっていたなんて信じられません。いやはや、“仮面”恐るべしです。

スポンサーリンク

コウカ(kouka)
ライター、カメライター、漫画原作者。写真と落書き漫画を交えて文章を書くのが好き。瞬発力だけで生きている。

《関連記事》