中島さんに感服!百万円と苦虫女のネタバレあり感想

明らかに異彩を放ちながらも、その存在感を消したがる女。そんな謎めいた鈴子(蒼井優)がめちゃくちゃ魅力的です。

100manen-636x310

2008/日本 上映時間121分
監督:タナダユキ
脚本:タナダユキ
出演:蒼井優、森山未來 ほか

短大卒業後、就職できずにアルバイト生活を送って過ごす鈴子。バイト先で意気投合した友達とルームシェアすることになるも、ひょんな事件に巻き込まれて「前科者」になってしまう。出所後は家族に迷惑をかけまいと実家を離れ、百万円を貯めるたびに街を転々とする生活を送る。行く先々の街でさまざまな人たちとで出会い、笑い、怒り、恋をしながら成長していく女の子の旅物語。

スポンサーリンク

“前科もん”の烙印を押された内気なの女の子

クラスに一人はいた、目立たない子。けっこう美人なのに、オシャレには気をつかっていないような子。そういう子って、なーんとなく気になります。で、話しかけてみると、けっこう面白い。むしろ独特の雰囲気を醸しだしていてとてもステキ。

蒼井優演じる鈴子もこんな女の子です。仕事もなく、友達もなく、彼氏もなく……。あるのは、明確に刻印された“前科もん”の肩書きだけ。軽犯罪ではありますが、21歳の少女を追い詰めるのには十分すぎる肩書きです。いや、年齢に関係なく相当のハンデを背負う肩書きですが、まだ恋もろくにしたことのない無垢な少女です。

だから鈴子は旅に出ます。自分のことを誰も知らない街へ、逃げるようにして旅に出ます。そこで100万円貯まったら、次の街へお引っ越し。100万円に特に意味はなく、なんとなくの基準です。

海へ、山へ、そして街へと移動する鈴子。生まれもっての人見知りで、新しい土地でも自己主張することはありません。若くて美人な鈴子を男子が放っておきませんが、人間関係は積極的に作りません。
 
「“前科もん”だってバレたらきっと嫌われる」
 
と思っているからです。近況と心境を伝えるのは、実家で暮らす可愛い弟にだけです。
一方、弟は弟で、学校でイジメに遭っています。ここにもう一つ「成長」ストーリーが存在しますが、この子のキャラにまったく興味が持てなかったので完全にスルーさせていただきます。

鈴子をときめかせる中島くん登場

さて、そんな鈴子に、やっと春の兆しが訪れます。バイト先の大学生に告白されて、あっさり恋に落ちるのです。彼氏の名前は中島くん(森山未來)。

中島くんは、仕事ができて、誠実で、ちょっぴり人付き合いが下手そうな男の子です。鈴子はそんなところに惹かれたのでしょう。そして、前科があると聞いても動じません(まあ、前科にもよると思いますが・・・)。

中島くんはけっこうモテます。鈴子はそれが少しだけ気になりますが、嫉妬心を表に出して騒ぐタイプではありません。そっと、心の中にしまっておく。このあたりは鈴子の強さでもあり、弱さでもあります。

金をせびり出す中島

しかしこの中島くん、徐々に見過ごせない行動を取り始めます。なんと鈴子にお金を借りるのです。
デート時の食事代、映画代ではおさまらず、挙げ句の果てには他の女の子とのお茶代まで。ふつふつと募る不信感。中島くんがメモした講義ノートをパラパラめくりながら、
 
「こんな字書くんだぁ…」
 
と、好きな人の字を愛おしそうに眺める乙女らしいシーンにグッときましたが、このとき鈴子はもう限界の様子。夜、中島君宅まで行き、彼を問い詰めることにします。
 
「中島くんって、私のことすき?」

「…どこが?」


「…ほかには?」

 
 
来ました、この手の質問。
 
これに上手く答えられないと、どエライことになるケースがあります。そして案の定、ヘタレ中島は大した返答ができません。その様子を見て、鈴子は恐る恐る確信にふれます。
 
「・・・あたしがお金持ってるからでしょ?」
 
中島撃沈。
 
そうなのか?そうだったのか中島!?お前はそんな腐った奴だったのか!!!

カレとの決別と衝撃の真実

中島に愛想を尽かした鈴子は引っ越すことに決めました。まだ100万円貯まってないけれど。新しい出会いのために。もっと強くなるために。

一方、中島です。鈴子に借りていたお金を返し、破局の痛みで心ここにあらず状態。隣には、ひょっとして浮気相手?とも邪推できる後輩女子が不機嫌な顔で中島を見つめています。
 
後輩「いいんですか? 誤解されたままで」
中島「……………………」
後輩「100万円貯まって、引っ越されるのがイヤで…」
わざとお金借りてたんでしょ!?」
中島「……………………」
 
 
な、なんだって?
そうだったのか中島、いや、中島さん!
 
己の過ちに気付いたらしく、中島さんは愛用のミニチャリをフル回転させて駅へダッシュ。鈴子を傷つけたこと、もう一度やり直したいこと、さまざまな思いを胸に愛しの彼女を捜しに行きます。今なら間に合うぞ!!
 
 
でも、会えないんですよねコレが。
 
まさに映画。絶妙のタイミングで行き違ってしまいます。
 
「来るワケないかっ」
 
最後にさらっと言う鈴子。その言葉に、未練と決意はどれくらいの割合で構成されていたのでしょうか。大衆ウケを狙うエンターテインメントとしては、ハッピーエンドで終わっても良かったかもしれません。が、鈴子らしいと言えば鈴子らしいラストです。

これが大人の恋愛ならダメージがデカイですが、お互いまだ21歳なのでやり直しなんて何度でもききます。

中島くんの作戦は評価できるのか?

それにしても、特筆すべきは中島くんです。「中島さん」なんて一度は尊敬してしまいましたが、彼の言動を現実世界に置き換えてリアルに想像したとき、果たしてそれはカッコいいのか!?と疑問に思うのですがいかがでしょうか。ハッキリとした男らしさが好きな私としては、「もっとストレート投げろよ」と言いたい。もちろん変化球投げることも必要ですが、せめてストライクはとろうよ。

引き続き野球に例えると、中島くんの作戦ってほとんど隠し球だと思うのです。真実を告げれば確実にアウトにできるくらいの技です。
 
でも中島くんは、球を隠し持っておいてタッチしなかったんです。
 
おいおい成立しねーだろ。と。
相手が経験豊富な女性なら、察知してくれたのかもしれませんね。でも鈴子はまだ21歳で、男性経験も(たぶん)中島くんが初めてです。鈴子の生い立ちと性格から、「ストレートに効果なし」と判断したのでしょうが、やはり男が最後に勝負するのは直球です。

という訳で、作戦を見誤った中島くんにヤキモキするラストでしたが、蒼井優と森山未來が好きな人にはオススメの映画です。

スポンサーリンク

コウカ(kouka)
ライター、カメライター、漫画原作者。写真と落書き漫画を交えて文章を書くのが好き。瞬発力だけで生きている。

《関連記事》