「〜することができる」を機械的に冗長表現と捉えるのはよくない

プロのライターには簡潔で明瞭な文書が求められますが、気を抜くとやってしまいがちな冗長表現があります。そのうちの一つが、この「〜することができる」。 文法的に間違ってはいないものの、多くのケースで可能の「れる・られる」に置...

読みやすいけど中身の薄い文章を書くなら荒削りでも魂を込めた文章を書き殴ろう

偉くなったのか閑職に追いやられたのか、最近は自分で執筆するよりも、企画や編集に回ることのほうが多くなりました。 必然的に他のライターが書いた文章をチェックする機会が増えたのですが、経験の浅い人や、物書きが本業ではない専門...