「〜することができる」を機械的に冗長表現と捉えるのはよくない

プロのライターには簡潔で明瞭な文書が求められますが、気を抜くとやってしまいがちな冗長表現があります。そのうちの一つが、この「〜することができる」。 文法的に間違ってはいないものの、多くのケースで可能の「れる・られる」に置...

読みやすいけど中身の薄い文章を書くなら荒削りでも魂を込めた文章を書き殴ろう

偉くなったのか閑職に追いやられたのか、最近は自分で執筆するよりも、企画や編集に回ることのほうが多くなりました。 必然的に他のライターが書いた文章をチェックする機会が増えたのですが、経験の浅い人や、物書きが本業ではない専門...

「取材に普段着で行って反感を買うのは格好のせいじゃない」という悟りを開いた思い出

秋に差しかかる前から暴飲暴食が止まらないコウカです。シルバーウィーク中には人生初の過食で嘔吐するという経験を積むことができ、精神的にも腹回り的にも大きくなれた気がします。 まあそんなことより、先日、出版業界で働くフリーラ...

簡単に書くくらいでちょうどいい。読者目線に合わせた読みやすい文章とは 

大学や専門学校の広告をメインに仕事していたとき、取材でちょっと困ったのが、「私の目線に降りて話してくれない」教授や専門家でした。失礼にならないよう、ある程度は勉強してから取材に臨むのですが、やっぱり付いていけないことは多...

応募の際に押さえておきたい、ライター求人の履歴書・職務経歴書の書き方

就職活動に必須の履歴書・職務経歴書(レジュメ)。面接に値する人材かどうかの最初の審査ですから、手を抜くわけにはいきません。全身全霊で作成してください。 職種を問わず、履歴書や職務経歴書には共通の決まり事がありますが、ここ...