読みやすいけど中身の薄い文章を書くなら荒削りでも魂を込めた文章を書き殴ろう

偉くなったのか閑職に追いやられたのか、最近は自分で執筆するよりも、企画や編集に回ることのほうが多くなりました。 必然的に他のライターが書いた文章をチェックする機会が増えたのですが、経験の浅い人や、物書きが本業ではない専門...

簡単に書くくらいでちょうどいい。読者目線に合わせた読みやすい文章とは 

大学や専門学校の広告をメインに仕事していたとき、取材でちょっと困ったのが、「私の目線に降りて話してくれない」教授や専門家でした。失礼にならないよう、ある程度は勉強してから取材に臨むのですが、やっぱり付いていけないことは多...