RIZIN33 久保優太 VS シバターの結果がショックすぎて(追記:ブック破りだったのか)

2022年明けましておめでとうございます。今年の抱負は昨年末のお仕事日記で書いた通りですので、どうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、タイトルです。久保優太ほどの超一流選手が、いくら階級が上でもプロレベルとは程遠いシバター選手にあんな簡単にやられるなんて……というショックから回復していません。夫の敗北を呆然と見つめるサラ婦人の絵はシュールで笑えたけれど、結果は全然笑えない。

続きを読む →

こじらせた夫と天然ゆるふわブチ切れ妻の絡みが秀逸の『うちの妻ってどうでしょう』

こじらせた夫と天然ゆるふわブチ切れ妻の絡みが秀逸の『うちの妻ってどうでしょう』

『うちの妻ってどうでしょう』は、『就職難!! ゾンビ取りガール』や『ひとくい家族』など個人的にドンピシャな発想で楽しませてくれる福満しげゆき先生のエッセイコミック。

タイトルの通り、福満先生の個性的な奥さまの言動をネタにした漫画で、夫婦間の何気ないやり取りが結構リアルに描かれている。いつもニコニコしている「妻」による天然系エピソードが多いものの、短気な一面があり地雷も多いようだ。

続きを読む →

映画『おもいで写眞 』のネタバレ感想。聖母がE-M1Xを構えてる!!

この映画を観に行った動機をタイトルで語ってみた。僕がご贔屓にしているオリンパスのカメラを、『日本ボロ宿紀行』でファンになった深川麻衣が使っている!!

本当にそれだけの理由だったので、E-M1Xを構える深川麻衣を見られただけで満足した。80点!!

-20点は、結子(深川麻衣)の性格に難がありすぎるための減点です。

続きを読む →

ナビィの家も健在!「何もしないをしに行く」にぴったりな沖縄・粟国島のおすすめ観光コース

粟国島で撮影された映画『ナビィの恋』を20年越しに見て、「2020年中に粟国島に行くぞ!!」と雄叫び上げたのが10月。一ヶ月後、有言実行したので、旅の記録を残すとともに、おすすめコースなんかも紹介します。

ナビィの恋の作中で、おじぃ(登川誠仁)は「この島、何もないよ」と言っていたし、映画公開後、すぐに粟国島へ飛び立ったという友人は、「本当に何もなかった」と語っていました。ですから旅の目的は「何もしないをしに行く」です。

続きを読む →

仕事でもプライベートでも小さくて良質なカメラを使いたい

スチルカメラの商品ラインアップがフルサイズ祭りになって久しいですが、僕はレンズを含めた小さなシステムを好むので、フルサイズには手を出しません。

もちろん予算の問題もあるけれど、大枚をはたいて購入しても持ち出すのが億劫になるのが目に見えています。

だからマイクロフォーサーズのE-M1 markiiを愛用しているのですが、最近はE-M1 markiiでさえもデカく感じてきました……。

続きを読む →

何年経っても色褪せない沖縄映画『ナビィの恋』のネタバレ感想

ナビィの恋は、沖縄・粟国島を舞台にした1999年公開の映画。執筆時現在が2020年なので、もう20年以上も経つのか。

要所で沖縄民謡が使われるミュージカル的作品で、アイルランド音楽とコラボするシーンもある。僕はこのシーンを観てこの映画の虜になってしまった。

続きを読む →