【ネタバレ】映画『新 感染半島 ファイナル・ステージ』を続編だと思うと肩が外れるほどの肩すかしを食う

ひとことで言うと「思ってたとの違う……」だ。前作と同じ監督がメガホンを取っているのに、『バトルロ・ワイヤル』の1(深作欣二)と2(深作健太)より10倍くらい別物になっている。

続きを読む →

映画『おもいで写眞 』のネタバレ感想。聖母がE-M1Xを構えてる!!

この映画を観に行った動機をタイトルで語ってみた。僕がご贔屓にしているオリンパスのカメラを、『日本ボロ宿紀行』でファンになった深川麻衣が使っている!!

本当にそれだけの理由だったので、E-M1Xを構える深川麻衣を見られただけで満足した。80点!!

-20点は、結子(深川麻衣)の性格に難がありすぎるための減点です。

続きを読む →

ナビィの家も健在!「何もしないをしに行く」にぴったりな沖縄・粟国島のおすすめ観光コース

粟国島で撮影された映画『ナビィの恋』を20年越しに見て、「2020年中に粟国島に行くぞ!!」と雄叫び上げたのが10月。一ヶ月後、有言実行したので、旅の記録を残すとともに、おすすめコースなんかも紹介します。

ナビィの恋の作中で、おじぃ(登川誠仁)は「この島、何もないよ」と言っていたし、映画公開後、すぐに粟国島へ飛び立ったという友人は、「本当に何もなかった」と語っていました。ですから旅の目的は「何もしないをしに行く」です。

続きを読む →

【ネタバレ感想】劇場版「鬼滅の刃」を観てもやっぱり煉獄さんを評価できない3つの理由

鬼滅の刃

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編を観てきた。原作ではあまり活躍する印象がなかった炎柱・煉獄杏寿郎の評判がすこぶる良いからだ。

興行収入は公開からわずか10日間で100億円を突破し、11月9日時点で200億円を突破したと、製作・配給のアニプレックスが発表した(https://eiga.com/news/20201109/12/)。このペースで行けば”300億円の男”も夢ではない。

そんなわけで期待に胸を膨らませていたのだが、煉獄さんはやっぱり煉獄さんのままだった。劇場版はオリジナルストーリーではないので、考えてみたら当然だ。よもやよもやだ。ではなかった。

以下、ネタバレを激しく含むので閲覧注意。あと煉獄ファンの方は気分が悪くなると思うので読まないほうがいいと思います。

続きを読む →

Wキャストの無駄遣い。韓国映画『アンダードッグ 二人の男』のネタバレ感想

SHINeeのミノと”マブリー”ことマ・ドンソクのW主演で話題を集めた作品。原題は『두 남자(二人の男)』であり、アンダードッグとは”負け犬”のことをいう。負け犬の二人は、立場は違えど「大切な人を守る」という共通項がある。

……が、その程度の共通項なら僕にもあるので、僕も加えて『三人の男』で作り直してくれないか。ついでにかわいい彼女役もお願いしておく。

などという文句を言いたくなるほど、この映画の作り込みには首をかしげる点が多く、ミノとマブリーのファン以外は楽しめない作品だと感じた。

続きを読む →

仕事でもプライベートでも小さくて良質なカメラを使いたい

スチルカメラの商品ラインアップがフルサイズ祭りになって久しいですが、僕はレンズを含めた小さなシステムを好むので、フルサイズには手を出しません。

もちろん予算の問題もあるけれど、大枚をはたいて購入しても持ち出すのが億劫になるのが目に見えています。

だからマイクロフォーサーズのE-M1 markiiを愛用しているのですが、最近はE-M1 markiiでさえもデカく感じてきました……。

続きを読む →

タイトルでお察し『ニライカナイからの手紙』のネタバレ感想

ニライカナイからの手紙は、蒼井優が初主演となった竹富島を舞台にした映画。タイトルで書いたとおり、題名と物語の冒頭を突き合わせると瞬時にオチが分かってしまうシンプルなストーリーが特徴。

それでも感動できるかどうかは観る人次第だが、僕はちょっとダメでした……。

続きを読む →