映画『おもいで写眞 』のネタバレ感想。聖母がE-M1Xを構えてる!!

この映画を観に行った動機をタイトルで語ってみた。僕がご贔屓にしているオリンパスのカメラを、『日本ボロ宿紀行』でファンになった深川麻衣が使っている!!

本当にそれだけの理由だったので、E-M1Xを構える深川麻衣を見られただけで満足した。80点!!

-20点は、結子(深川麻衣)の性格に難がありすぎるための減点です。

続きを読む →

ナビィの家も健在!「何もしないをしに行く」にぴったりな沖縄・粟国島のおすすめ観光コース

粟国島で撮影された映画『ナビィの恋』を20年越しに見て、「2020年中に粟国島に行くぞ!!」と雄叫び上げたのが10月。一ヶ月後、有言実行したので、旅の記録を残すとともに、おすすめコースなんかも紹介します。

ナビィの恋の作中で、おじぃ(登川誠仁)は「この島、何もないよ」と言っていたし、映画公開後、すぐに粟国島へ飛び立ったという友人は、「本当に何もなかった」と語っていました。ですから旅の目的は「何もしないをしに行く」です。

続きを読む →

仕事でもプライベートでも小さくて良質なカメラを使いたい

スチルカメラの商品ラインアップがフルサイズ祭りになって久しいですが、僕はレンズを含めた小さなシステムを好むので、フルサイズには手を出しません。

もちろん予算の問題もあるけれど、大枚をはたいて購入しても持ち出すのが億劫になるのが目に見えています。

だからマイクロフォーサーズのE-M1 markiiを愛用しているのですが、最近はE-M1 markiiでさえもデカく感じてきました……。

続きを読む →

何年経っても色褪せない沖縄映画『ナビィの恋』のネタバレ感想

ナビィの恋は、沖縄・粟国島を舞台にした1999年公開の映画。執筆時現在が2020年なので、もう20年以上も経つのか。

要所で沖縄民謡が使われるミュージカル的作品で、アイルランド音楽とコラボするシーンもある。僕はこのシーンを観てこの映画の虜になってしまった。

続きを読む →

【ネタバレあり】ゾンビ映画では既視感満載の『#生きている』に罪はない!

Netflixオリジナルの韓国映画『#生きている(#살아있다)』が人気らしい。

【記事紹介】
パク・シネ主演『#生きている』、NETFLIXグローバル・ムービーチャート1位(朝鮮日報)
http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/12/2020091280016.html

最近の韓国のゾンビ作品には期待ができる。観客動員数1,156万人を突破した『新感染 ファイナル・エクスプレス(부산행)』を皮切りに、その前日譚を描いた『ソウル・ステーション/パンデミック(서울역)』、ゾンビ×時代劇の異色ホラー『キングダム(킹덤)』と、非常に楽しませてもらっている。

しかし、結論から言えば『#生きている』には満足できなかった。既視感満載どころではないからである。

続きを読む →

WIZ*ONEじゃない僕が観てごめん。IZ*ONEの映画「EYES ON ME : THE MOVIE」の率直な感想

日韓混合のグローバルガールズグループ・IZ*ONEのコンサート映画が、2020年8月7日(金)より日本でも公開されました。題名は「EYES ON ME : THE MOVIE」。再放送ながらもプデュ(PRODUCE 48)を見て大ファンになった僕が観に行かないわけがない。

続きを読む →

どんぶりで愛しのあの子の胃袋をつかむ!学園料理漫画『どんぶり委員長』【ネタバレあり】

主人公は、クソ真面目で超高飛車なお嬢様の委員長と、料理上手な吉田くん。食事マナーに厳しく育てられた委員長は、どんぶりモノを”品のない男飯”と考えており、調理実習の授業中に勝手に親子丼を作り出した吉田くんを注意します。でも委員長は思います。「おいしそう……」。

続きを読む →