海外旅行前に調べておくべし!パスポート「必要残存期間」の落とし穴

5月3日から6日まで台湾旅行に行く予定でした。

しかし、航空チケットを発行しようと機械にバーコードをかざしてみても、何度やってもエラーしか表示されません。仕方がないのでカウンターに行き、職員の方に聞いてみると、

「お客様……。パスポートの必要残存期間が足りていないようです」

ひつようざんぞんきかん?

 

「うん? 有効期限は7月までって書いてありますよね?」

「そうなのですが……台湾へは、パスポートが切れるまでの残存期間が3ヶ月以上ないと渡航できない決まりがあるんです」

 

 

 

は?

 

 

 

images

 

 

 

「もしかして……もしかして、もうどうしようもない、ということでしょうか?」
「……ビザは、持っていらっしゃらないですよね?」

祝日ですし、今から申請等できるわけありません。

というわけで、なんと今回の台湾旅行はまさかの中止!!という結果になってしまいました。

勉強になったと思えばいいのですが、GW中とあって割高の航空券や宿泊代を前払いしている分、高い教材代になったなぁと。あと、現地で会う約束をしていた友人2名にも申し訳なかった。3人旅の予定が2人旅になると、いろいろ空気も変わるでしょうから(TT)。

Scan-12

地上職の方にこんな感じで力説され、なんか笑えてきました。

スポンサーリンク

行先別・パスポートの必要残存期間まとめ

この「必要残存期間」、よくよく思い出せば聞いたことがあるんですよね。友人が社員旅行に行ったとき、社長だけが同じ理由で飛行機に乗れなかったと聞いて、そのときは「そんなに間の抜けた奴がいるのか〜」なんて思ったのですが、まさか己がこんなイージーミスをやらかすとは(笑)。

ただこの決まり、友達に聞いてみると、僕と同じく知らなかった人や、同じミスをやらかした人も結構いるようで。下記のような書き込みやツイートもあちこちで見られます。

湾入国の際のパスポートの残存期間が少ない場合、ビザを取れば入国できますか? – 海外旅行(全般) | 教えて!goo

 

 

台湾の入国時の必要残存期間は3ヶ月ですが、国によっては6ヶ月など、行き先によって異なるようなので、いい機会だとまとめてみました。

3ヶ月以上必要

  • 香港(※)
  • マカオ(※)
  • 韓国
  • 台湾
  • ベトナム
  • フランス
  • ドイツ
  • ハンガリー
  • ベルギースイス

    ※パスポート残存期間は1ヶ月以内の滞在なら1ヶ月+滞在日数以上で可

6ヶ月以上の国

  • 中国
  • インド
  • インドネシア
  • ウズベキスタン
  • カンボジア
  • シンガポール
  • フィリピン
  • タイ
  • ベトナム
  • ミャンマー
  • チェコ

帰国時まで有効なもの

  • イギリス
  • オーストラリア
  • チェコ
  • スペイン
  • スイス(3ヶ月以上が望ましい)
  • グアム(45日以上が望ましい)
  • ハワイ(90日以上が望ましい)

    ※ビザの要不要など、詳細は必ずご自身でお確かめください。

食事だけでも台湾気分

持ち前の切り替えの素早さですぐGWの予定埋めに奔走。早速、先日台湾に行ってきたばかりの友達が捕まったので、スーツケースを持ったまま家に押しかけました。

僕にお土産としてくれる予定だった台湾ビールや、現地で食べて美味しかったからと、たまたま作っていた魯肉飯(ルーローファン)などをご馳走になり大満足。しかも美味い!!君はなんて素晴らしい人なんだ。

rurofan

教訓としては、何事も入念に準備しろということですね。

【参考】

スポンサーリンク

コウカ(kouka)
ライター、カメライター、漫画原作者。写真と落書き漫画を交えて文章を書くのが好き。瞬発力だけで生きている。

《関連記事》

1件のコメント

  1. ピンバック: 【パスポート更新】更新に必要な書類・料金・期間。 | Portable Life.

コメントはできません。