フサキビーチでリア充爆発しろ級のバーベキューがしたい

公開日:2019/06/20 更新日:2019/06/22

休みが取れたので一人で石垣島に飛んだ。目的は撮影だ。当時、写真仲間とのグループ展を控えていたので、なにか良い作品が撮れれば、と思っていた。

そうして、いくつか選んだ目的地の一つにフサキビーチがあった。ここはオシャレな夕焼けスポットとして評判で、旅行雑誌やサイトで度々取り上げられている。定番のエンジェルピアという橋へ行くには『フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ』という高級ホテルの中を突っ切らないといけないが、幸いなことに宿泊客でなくとも出入りできる。

夕暮れ時、やや肩身の狭い思いでホテルに足を踏み入れエンジェルピア前に行くと、そこには期待を裏切らない景色が広がっていた。

これは美しい。

カメラを三脚に固定し、超広角レンズに切り替え何度もシャッターを切る僕。遊びゴコロでホワイトバランスを変えると、思いのほかお気に入りの絵が撮れたので満足する。

後ろにいた中国人女性が時おり僕の写真をのぞき見していた。彼女も一人旅行だったようなので、「僕の写真はなかなかいいだろう?」と声でもかけようとして振り向いたところ、後方がやけに賑やかなことに気づく。

これは……

出典:シーサイドBBQ 夏至南風

バーベキューだ。

考えてみたらリゾートホテルのビーチ。オープンテラスのレストランくらいあって当然だ。しかも夏の石垣島。バーベキューを楽しまないでどうする。

客層を見ると見事に家族かカップルしかおらず、男同士はおろか女性同士すら見当たらなかった。くっ・・・!

今の今までステキな夕焼けに感動していたのに、この気持ちはなんだろう。ひょっとして、彼・彼女らは僕より2倍、いや20倍は楽しんでいるんじゃないか? しかもコイツらのほとんどは泊まりだろ? ホテル内のコンビニで物買ったら、「料金はお部屋につけておきましょうか」とか聞かれるんだろ? こちとら普通に現金で買ったわ。石垣限定のうまい棒をよ。

はて。僕はどうしてこんなリゾートホテルに一人、格安レンタカーに乗ってやって来たのか。そういえばレンタカーショップの野郎は、僕の予約をすっかり忘れていたみたいで、電話で呼び出してみると明らかに宴会していやがった。さてはバーベキューか。客とのアポイントメントをトチるような仕事ができないクズがわいわいバーベキューを楽しめて、どうして僕は一人ここで作品づくりをしているのか。

居酒屋で大好物のらふてーをつつきながら、僕は決めた。

来年こそ、フサキビーチでバーベキューをしてやる。フサキリゾートヴィレッジというわかりやすい場所で、割高だけど雰囲気最高のバーベキューを楽しんでやるんだ!! 写真なんかもうどうでもいいわ!!

……一年後

僕は再びフサキビーチにいた。

たった一年ぶりだが感慨深い。エンジェルピアまで行くとハシボソガラスが機嫌よさそうに鳴いていた。楽しいバーベキューになりそうだな。

この日のために数ヶ月前から予約しておいたのだ。ここシーサイドBBQの石垣牛プレート6,000円を! 無論ドリンクは別なのでオリオンビールをガバガバいけば1万円近くいくだろう。知るもんか。だって今回の僕には……

写真提供:deernoh

仲間がいるから!

写真提供:deernoh
写真提供:deernoh

友達に写真を提供してもらうほどの油断っぷり。

食事しているとライブが始まった。沖縄民謡らしい、優しい〜音色と歌声に惚れ惚れする。

まったり。

これほど贅沢な時間はない。僕はフェスをはじめライブというのが苦手なほうのだが(単純にやかましい)、沖縄だとすべてが心地いい。1年前、一人で寡黙に写真を撮っていたあの時間はなんだったんだとすら感じる。

いや、あのとき、一人でもここでバーベキューをする選択がなかったわけではない。勇気を振り絞って「おひとりさま」でバーベキューすればよかったんだ。でもしなくてよかった。していたら、今回みんなとここに来ることはなかったろうから。

それに、朝井 麻由美氏の『「ぼっち」の歩き方 魅惑のデートスポット編』によれば、一人バーベキューが最もキツいらしい(女性は特に火起こしが難しいという意味でも)。たかだかリゾート地での一人観光で孤独を感じるような僕に、レストランと言えど、一人バーベキューなど無理だったろう。

ありがとうみんな。おかげで僕はリア充として爆発できたよ。

次回は…

かくして僕の一年越しのリア充計画は大成功に終わったが、人間の欲とは底知れぬものだ。その晩、安宿にてバーベキューの余韻にひたりながらオリオンビールをちびちびやっていると、こんなことを思ってしまった。

次はフサキリゾートヴィレッジに泊まりたい。

なかなか割高なんですけど、もう惚れちゃったわフサキビーチに。興味のある人、撮影がてらに一緒に行きましょう!!

宿にてオリオンビールに付き合ってくれるdeernoh
スポンサーリンク

コウカ(kouka)
カメライター、フォトライター、漫画原作者。写真と落書き漫画を交えて文章を書くのが好き。瞬発力だけで生きている。

《関連記事》

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください