RIZIN33 久保優太 VS シバターの結果がショックすぎて(追記:ブック破りだったのか)

公開日:2022/01/01 更新日:2022/01/06

2022年明けましておめでとうございます。今年の抱負は昨年末のお仕事日記で書いた通りですので、どうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、タイトルです。久保優太ほどの超一流選手が、いくら階級が上でもプロレベルとは程遠いシバター選手にあんな簡単にやられるなんて……というショックから回復していません。夫の敗北を呆然と見つめるサラ婦人の絵はシュールで笑えたけれど、結果は全然笑えない。

久保選手が激怒したという「キックボクサーは寝たら雑魚」発言を久保選手自身が証明してしまった格好になったわけで、しかもワンツーで(K-1ルールなら)ダウンまで取られているのですからなんの言い訳もできません。むしろ「シバターグッジョブ」と称賛すべきなのでしょうね。

体重差によるハンデは久保選手自身も承知の上とはいえ、こんなカードを組んで選手の自信を潰してしまっていいのかという観点で今さらながらRIZIN側に腹が立ってきました。久保選手はキックでは一流でもMMAでは初心者に等しいわけだし。前田日明氏も、「RIZINは何がしたいんか分からん」と切り捨てています。

 

格闘技もエンタメの一つである限り色もんカードは大歓迎ですが、どうか色もん同士でぶつけてほしい。その意味では、ボビー・オロゴン VS シバターはかなり面白そうなんですけどね。

なお、シバター選手はHIROYA選手のときと同様、久保選手ともYou Tubeコラボして再生数を稼ぐ目論見でいますが、久保選手はHIROYA選手と違って現役バリバリなのであまりエンタメに走らないでほしいなと思っています。

もっとも、『サラ久保ちゃんねる』のボスのサラ婦人は「コラボは一生やりません」と完全拒否していますが、炎上系ながら息の長いシバター選手は確実に只者ではないので、うまく引き込まれるかもしれませんね。

▲落ち込む夫に追い打ちをかける鬼嫁

追記:やらせ疑惑が発覚

一本負けの久保優太、シバターからの提案を明かす「これが壮大な絵だったら…」(サンスポ)

久保選手が試合後に意味深なツイートをしていた件ですが、どうやらシバターに「ブック破り」をされてしまったようです。いくらエンタメカードとはいえ、これが事実だとすればシバターは永久追放レベルだと思うし、久保選手も無罪放免とはいかないでしょう。RIZIN側も調査に乗り出すとのことなので、徹底的に追究してほしいと思います。

追記2:ブック破りだったことが明らかになりましたが……

久保選手がシバターからブック破りされたことを暴露し、シバター選手もそうしたやり取りがあったことを(一転して)認めていますね。

「2ラウンド目に決めてください」RIZINシバター戦の“談合疑惑”の核心とは? 久保優太は謝罪「神聖なリングを汚してしまった」(Number web)

どこまでがアングルなのかもう正直わからないけど、損をしているのは久保サイドだけであり、シバター選手は痛くも痒くもないわけで。むしろしばらくYou Tubeネタに困らないことを考えると喜ばしいことばかりかもしれない。

ぶっちゃけもうどうでもよくなってきたけど、格闘技といっても一応はスポーツなわけで、騙されたほうが甘い、悪いという風潮はいかがなもんかなと思っています。久保選手のあれだけの才能をここでポシャらせるのは絶対に惜しい。

悪いのはシバター……というよりシバターというキャラクターを知りながら客寄せパンダに使ったRIZIN側だという主張してこの件を追うのは止めよう。

……ちなみに、あんな茶番がなくても組技に持っていけばシバター選手が勝利した可能性は十分にあると思います。「キックボクサーは寝たら雑魚」は、残念ながら大半の選手にとって真実でしょう。

スポンサーリンク

コウカ(kouka)
ライター事務所「k-note」代表。カメライター、フォトライター、漫画原作者。写真と落書き漫画を交えて文章を書くのが好き。詳細プロフィールはこちら、仕事の実績確認・ご依頼はこちらからどうぞ。

《関連記事》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください